キャンプでは斧(オノ)と鉈(ナタ)のどっちを使えばいい?

キャンプでは斧と鉈のどっちを使えばいい?

キャンプの醍醐味の1つでもある焚き火ですが、その焚き火で必要な木材を、適度な大きさにカットしなくてはいけません。

その際に必要な道具として、
(オノ)にするのか、
(ナタ)にするのか。
どっちにすればいいのか迷った方も多いはずです。

それぞれの役割と、キャンプではどのような使いみちがあるのか、ご紹介していきます。

斧と鉈の違い

斧と鉈の大きな違いとして、
両手で使うか、片手で使うかといった点が大きく変わってきます。

斧も鉈も木を切り裂く道具という点では一緒ですが、基本的に、斧は両手で木を切り裂く大型の道具で、鉈は刃渡りが長く、簡単な薪割りが可能となっています。

斧は鉈よりも重みがあるので、
振り下ろす時の力が強いです。

鉈は重みは斧に劣りますが、
軽いので片手で使うことができます。

もちろん斧でも軽量型でコンパクトのものもあり、キャンプの薪割りに特化した片手タイプの斧もあります。

キャンプの薪割りはどっち?

薪を割ることだけが目的なのなら、
斧が便利です。

斧は重量が重い分、振りかざした際、
薪に強く打ち付けることができます。

逆に、鉈だと薪に振り落とした際、
鉈自体が軽いのと、刃渡りが長いため、力が分散し、薪に与える力も分散し、割りにくいのです。

以上からキャンプの薪割りには、
斧がオススメです。

ただこの薪割りに想定しているのは、
太めの丸太に近い薪です。

ある程度細くなっていて成形されている薪であれば、斧ではなく鉈の方が扱いやすいかもしれません。

細い薪には鉈が便利

薪割りには斧が良いという話をしましたが、細くなってきた薪や細かい作業には、鉈の方がオススメです。

鉈には細く薪を割ってくれる機能だけでなく、薪の皮を剥いでくれたり、小枝を切り落とす枝打ちにも特化しているので、細い薪などの成形に適しています。

また鉈によっては、刃が先端まで無いものもあります。これはわざと先端まで刃をつけないことで、打ち込みガードとなり、鉈を地面まで打ち込んだとしても、刃に傷がつかないようにしているのです。

鉈を薪割りのメインとして購入を検討している方は、両刃のものにしましょう。両刃のものは薪割り用ですので、間違えのないように気をつけましょう。

まとめ

斧(オノ)と鉈(ナタ)。
正直初心者からすると違いがわかりにくいかもしれませんが、ちょっとした刃や形状、重さの違いで、どっちがキャンプに適しているかが理解できてくると思います。

あなたがどういった環境で、キャンプをしたいかでも用途が変わってきますので、自分のやってみたいキャンプスタイルを理解した上で、必要な道具を選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です