ポートレート撮影に必要な基本テクニック【初心者向け】

ポートレート撮影に興味を持った方でも、最初はどんな技術から学んでいけば良いのかわからない人も多いはず。

この記事では、ポートレート撮影を成功するために必要な、被写体(モデル)への対応方法やライティング、考え方、カメラの扱い方など、基本テクニックを紹介していきます。

モデルをいかに美しく、リアルに、そして鮮明に写すことができるのか、自分の目でしっかり確認してみてください。

ポートレート撮影とは

そもそも、ポートレート撮影とはどういったものを指すのでしょうか。

ポートレート(Portrait)とは、直訳で”肖像写真”という意味を持ちます。つまりモデルもカメラマンも、よーいスタートで一緒に撮影を作っていくイメージです。

一方似たような言葉で、スナップ写真という言葉がありますが、こちらはちょっと違っています。日常の一部をカメラマンが偶然撮った写真のようなイメージになります。

つまり、ポートレート撮影とは、モデルさんとカメラマンの両者の協力なしには完成しないのです。そうなってくると、スナップ写真の撮影よりも、被写体とのコミュニケーション能力は重要になってきますし、撮影するテーマや場所などもしっかり用意しなければなりません。

もちろん連携プレイなのでミスが許されない環境にもなってくるわけです。

ここらへんも踏まえて、実際にコーポレート撮影を行っていく上での基本テクニックを見ていきましょう。

基本テクニック① モデルとのコミュニケーション

早速ですが、被写体となるモデルさんとのコミュニケーションが上手くいかないと、良い写真も撮れません。基本的にテーマや場所、ポーズや構図決めも全てカメラマンが決めることになります。

当日になってカメラマン側があたふたしていると、モデルさんへ不安は伝わってしまいますし、信頼感も失くなり、次回以降の撮影協力も途絶えてしまう可能性も出てきます。

コーポレート撮影をするということは、モデルさんとカメラマンは共同で写真を作っていく協力者です。当然モデルさんは、モデルとしてポーズの練習や、撮られ方に関して学んでこられます。ただそこから実際に、写真風景に合ったポーズや立ち位置は、カメラマンであるあなたが指示してあげなければなりません。なぜなら、この後にも出てくるライティングに関してもそうですし、写真に綺麗に写る構図などは、あなたの方が詳しくなっていないといけないからです。

また協力者という部分では、モデルさんとコミュニケーションをしっかり取っておかないと、撮影がスムーズに進まなくなりますし、一番大事になってくる良い笑顔を引き出すことも難しくなってきます。

基本テクニック② ライティング

写真は光がないと撮れません、当然ですが。ですので、撮影当日のカメラマンの光の選び方は、とても重要になってきます。

どういったテーマで撮りたいのか。
どんな質の光を求めているのか。
その光はあるのか。
なければストロボや他機材で代用可能なのか。

といったふうに、頭の中で完成させたい写真の完成図を想像しながら準備していかなければいけません。

ライティングと一言でいっても、スタジオでの照明の当て方だったり、屋外での太陽光の動きなどの把握全般を指します。屋内での撮影は機材を動かすことで光の当て方を工夫することはできますが、屋外になるとさすがに太陽を動かす訳にはいかないので、モデルやカメラマンの配置を考えながら撮影していかなければいけません。

そういった微調整も含めてライティングの知識は重要になってくるのです。

ライティングに対しての細かい知識は別の記事で改めてご紹介しますが、カメラと関わっていく以上、屋内撮影でも屋外撮影でも、避けては通れないジャンルになります。

基本テクニック③ 撮影テーマを決める

コーポレート撮影に限ったことではありませんが、写真撮影において撮影テーマを決めて写真を撮ることはとても大事です。

このテーマ設定がしっかり定まっていないと、撮影場所やモデル、雰囲気など統一感のない写真になってしまいます。

わかりやすいところでいくと写真の”ボケ”です。ボケを出すことで、写真のテーマが何を示しているのかはっきりしてきます。人がパスタを食べている写真があったとして、人にフォーカスを当てたくてパスタがぼかすのか、パスタの宣伝をしたくて人をぼかすのか。テーマによって答えは全く違ってきます。

テーマがしっかり定まっていないと、何が言いたいのかわからない写真になってしまいます。クライアントがいるのならクライアントが求めているテーマ、もしくはカメラマンの頭の中のテーマが定まっていないと、せっかく良い場所や良いモデルさんに出会えたとしても、素晴らしい写真には繋がりません。

どんなテーマの写真を撮りたいのか、あらかじめ明確に決めておくことが、ポートレート撮影においてとても大事な準備になってきます。

まとめ

ポートレート撮影は、風景撮影と違い、人と人がいてはじめて成立する撮影です。

コミュニケーションがないと写真は出来上がる訳ありませんし、当然ライティングやカメラの技術がなければ良い作品など作れません。

1人で作っていくというイメージよりも、一緒に作っていくという連帯感のある気持ちがとても大事になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です