金利とはなに?年利との違いは?わかりやすく説明します!

金利とはなに?複利との違いは?わかりやすく説明します!

こんにちは^^
kuromaru(@Self_spec)です。

カードローンや住宅ローン、銀行などで
金利という言葉はよく聞くけど、
詳しい意味については理解できていない。
なんて人は多いのではないでしょうか。

一方で知っておいた方がよさそうという
考えを持っている方もほとんどだと思います。

この記事では、

”今さら聞けない”

そんな年利について
わかりやすく説明していきます。

また金利とセットで気になる方も多い、
年利との違いについても
理解しやすいよう説明していきます。

金利とは

金利とは

さっそく結論ですが
金利とは、
元金に対する借入れ利息の割合のこと
を指します。

詳しく説明していきますね。
まず元金の意味についてお伝えします。

元金というのは
たとえば、
あなたが友人から
10万円を借りたとしましょう。

この10万円が元金になります。
文字通り「元のお金」となります。

わかりやすいので
このまま、あなたと友人の話で続けますね。

友人から10万円を借りて
時が経ち、あなたは借りた10万円の返済の準備ができました。

ただ10万円という額は大きいですし、
借してくれた友人もかき集めて貸してくれたのかもしれません。

そう思ったあなたは
10万円貸してくれた感謝の気持ちとして
自分からの1万円を足して、
11万円を返済することにしました。

この1万円が「借り入れ利息」
に当たります。

利息は利子と言ったりもします
同じ意味として考えてもらって大丈夫です。

要するに、
あなたが元金とは別に
追加で払ったお金(1万円)が利息となります。

さきほど説明をしました
「金利=元金に対する借入れ利息の割合」
に当てはめると、

元金(10万円)に対する
借入れ利息(あなたがお礼として追加した1万円)
の割合が金利となります。

つまり、
元金10万円の内の1万円を渡したので
10,000円÷100,000円×100%=10%で
金利は10%だったということになります。

これが世にいう金利です。
仕組みを知ると思っていた以上に
理解できたかと思います。

金利と年利の違い

金利と年利の違い

金利の意味が理解できたところで
みなさんがよく悩まれる
「金利」と「年利」の違いについても
わかりやすく説明していきます。

金利と年利の違いとして
一番わかりやすい説明をすると
返済するまでの期間の違いになります。

金利と年利の意味はほぼ一緒です。

ただ金利という言葉の意味には
いつまでの期間というのが含まれていません。

一方、年利は
「元金に対する1年間の借入れ利息の割合」
となります。

さきほどの友人に借りた例で説明すると
友人から借りた10万円を1年後に返済したとしたら
年利10%ということになります。

ただ、ここまで説明しておいてあれですが
一般的には「金利=年利」という認識になっています。

金利と言われたら
「元金に対する1年間の借入れ利息の割合」
なんだなと考えてもらってよいということです。

ただトラブル防止の為、
念の為しっかり確認した方が良いですよ。

厳密に言えば、
年利も含めて以下のような金利の種類があります。

  • 年利(ねんり)
  • 月利(げつり)
  • 日歩(ひぶ)

その名の通りですが、
一応説明すると

年利:元金に対しての1年間の利息の割合
月利:元金に対しての1ヶ月の利息の割合
日歩:元金100円に対しての1日の利息の額

となります。

ただ月利や日歩は日常的にあまり使う機会がなく
年利の意味を理解しておけば特に問題ないかと思います。

金利はどのように決まる?

金利はどのように決まる?

ここまで金利の説明をしてきましたが
実際、金利の割合ってどうやって決まっていると思いますか?

国や誰かが勝手に決めているのでしょうか。
そんなことはありません。

金利は需給バランスによって決まります

単純な話、
上の画像のように、
お金を借りたい人が多ければ金利は上がりますし、
お金を借りたい人が少なければ金利は下がります

たとえば、
たいていの人は
銀行にお金を預けていると思います。
多くの人が銀行に対して”預ける”という認識だと思います。

ただこれは厳密には
銀行にお金を”貸している”という意味合いになります。

銀行はその預けてもらったお金を元に
人や会社にお金を貸して利息をもらって商売をしています。

なのでみなさんに
僅かな利息をつけて返しているのです。
本当に僅かで普通預金で0.001%ほどです。

話が逸れましたが
お金を貸してほしいのは人だけでなく
国も同様です。

国も銀行へ
お金を借ります。

この国が銀行へお金を借りる際、
証明書として発行するものが、
聞いたことのある人も多いと思いますが、
国債というものです。

この国債を発行する際にも
金利が上下して変動します。

日銀の政策金利や
政府の10年国債の金利などが関わってきます。

国債については
また別の記事でご紹介致します。

まとめ

お疲れさまでした。
金利について理解できましたでしょうか。

自分が金利を受け取る分には嬉しいものですが
ショッピングローンやカーローン、
住宅ローンなどの利息として取られる金利はあまり喜べるものではないですね。。

この記事を読む前よりも
あなたのマネーリテラシーが
少しでもアップデートできていると嬉しいです。

ではまた。