Notionをもっと知りたい!運営会社や日本との関係は?

Notionをもっと知りたい!運営会社や日本との関係は?

どうも^^
kuromaru(@Self_spec)です。

Notionを好きすぎて
いつの間にかNotionの運営会社や、
日本とNotionとの関係性も気になりだして
いろいろ調べてしまいました。

直近のNotionブームもあり、
Notionに興味を持っている方も
多いと思いますので
こちらの記事で紹介させていただきます。

まだNotionってどんなものなのか
理解できていない方は
こちらの記事も参考にしてみてください。

人生の生産性アップ!Notionでできる基本と魅力を徹底解説
人生の生産性アップ!Notionでできる基本と魅力を徹底解説

Notionの運営会社とその歴史

Notionの運営会社とその歴史

わかりやすいように
Notionの歴史を年表にまとめてみました。

年月概要
2013年Notion Labsを創業 ※当初は別のプロダクト
2016年全従業員を一時解雇し、Notion再起のため2人で京都へ
2016年3月Notion 1.0がリリース
2019年7月2000万$調達
2019年9月株式会社ノースサンドが「Notion」の公式アンバサダー企業に認定
2019年9月日本第1号の社員、西勝清氏を採用
2020年4月5000万$調達

Notionを運営しているのは
Notion Labsという会社で、
アメリカのサンフランシスコで創設されました。

創設者はIvan ZhaoとSimon Lastの2名で
従業員数は50名程度(2020年6月現在)となります。

売上は非公表ですが
2020年7月時点では黒字だと
創業者のZhao氏が伝えています。

Notionには大きなコンセプトがあります。

all-in-one workspace.」というもので
1ヶ所のワークスペースで
様々なツールを完結させるスタイルです。

今後世の中の様々な効率化ツールの流れを
一変させるでしょう。

現在では
メモはEvernote、
タスク管理はTrello、
データ管理はGoogleのSpreadsheet

といったように、
ツール間を行き来するユーザーのストレスを、
将来的に減らしてくれるツールになるかもしれません。

今後のNotionと日本の関係

今後のNotionと日本の関係

Notionは
2020年のコロナ禍だった時期にも関わらず
ユーザー数を400万人まで延ばしています。

そしてその大半のユーザーが日本人だそうです。

既出のとおり、
Notionは一時、存続の危機に瀕しました。

そんなNotionの再起を図るため、
創設者のZhao氏が移住先に京都を選んだ点でも
日本との関係性が高いという事がうかがえます。

また2019年9月には、
日本での第1号の社員となる、
西勝清氏を採用しました。

主な業務範囲は営業とマーケティングだそうです。

その西氏が

2021年中にNotionを日本語化しようと考えています。
参照:https://signal.diamond.jp/articles/-/420#

と明言しています。

このことから
日本のNotionユーザー待望の日本語化が
目前まで迫っていることがわかります。

日本語版Notionのリリースが
とても楽しみですね。

まとめ

Notionの歴史について
いかがでしたでしょうか。

僕はこの記事を作成しながら
Notionの歴史や創業者、
Notion Labsという会社を
今までよりももっと好きになりました。

この記事を読んだ方も
さらにNotionへの愛が
深まってくれると嬉しいです。

ではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です