初心者でもできる!夜景撮影で必要なものを紹介

カメラをはじめたキッカケが「綺麗な夜景の写真に感動して」という理由の方も多いのではないでしょうか。素人目で見ても、夜景の格好良さは憧れるようなものがありますよね。

ただ光をコントロールしながらの撮影や機材の準備など、初心者からするととても敷居が高いイメージがあります。

そんな夜景撮影に挑戦してみたいけど躊躇しているカメラ初心者のために、夜景撮影で必要なものを簡単にまとめましたので参考にしてみてください。

夜景撮影に必要な考え方

夜景撮影は人や動物のような動くものを撮影することはありません。基本的に静止している状態のものを撮るので、みなさんが想像しているほど難しいものでもありません。もちろんここで言う難しさというのは撮れるか撮れないかということで、クオリティーの話は次のステージになります。

夜景撮影はカメラ初心者でも、必要な機材や基本的な知識があれば撮影することができるのです。

カメラは光を取り込んで撮影するものです。その光が極端に少なくなっている夜景を撮るにはある程度の光が必要になるのです。そこで機材や知識、テクニックが必要になってくるのです。

何も知らずに昼間に写真を撮るような感じで撮影してしまうと、画質が荒くなったり真っ暗だったりと失敗してしまうのです。

でも今回の必要なものや知識をしっかり身につけておけば、夜景撮影に対しての苦手意識は無くなりますよ。

夜景撮影に必要なもの① 一眼レフカメラ or ミラーレスカメラ

カメラが必要なのは当然なのですが、どのカメラでも良いというわけではなく、設定を細かく変えられたりレンズを交換できる、一眼レフカメラやミラーレスカメラが良いです。

あとはコンデジでも、マニュアルモードや絞り優先モードなどの機能を搭載している高級コンデジでもありですね。

夜景撮影に必要なもの② 三脚

写真撮影の経験がなくても一度は必ず見たことのある三脚。夜景撮影を行う点で、三脚は必ずと言っていいほど必要な道具になります。予算が無くても確実に購入しておきましょう。

夜景撮影を行う時はシャッタースピードを遅くする必要があります。シャッタースピードとは簡単に言うと、シャッターを切ってからカメラが光を取り込んでいる時間のことです。

夜景撮影に必要な考え方でも紹介した通り、光を取り込まないといけないので、その過程で必要になってくるのです。そしてシャッタースピードを遅くすると微量な揺れでも写真がブレてしまうのです。そこまで暗い場所ではなければ気にする必要はないのですが、夜景撮影は基本的に暗所での撮影となりますので、手持ちでの撮影は不可能に近いでしょう。クオリティーを少しでも上げたいのなら、三脚を使い、揺れを防ぐことで綺麗な夜景写真ができあがります。

尚夜景撮影ではISO感度も上げます。ISO感度とは簡単にいうと、カメラに取り込んだ光の量を増やしたり減らしたりできる機能のことです。こちらも夜景撮影ではシャッタースピードと合わせて利用する機会が多いので覚えておきましょう。ISOを高くすれば明るくはなりますがノイズが出やすくなり画質が荒くなります。低く撮れば明るさは落ちますが、画質は高くなります。上手く状況に合わせて調整してみましょう。

また三脚について補足すると、三脚の脚は三本ともバラバラに高さを調整できるものにしましょう。撮影場所がいつも安定している場所とは限りません。脚が全て別々に調節できることで、そういった条件の悪い場所でも撮影が可能となるためです。ただ値段が若干上がってしまうので、予算があればという方は検討してみてください。

あとはセルフタイマーの設定をしておきましょう。三脚だけだとシャッターを切る時の振動でブレてしまう可能性があります。セルフタイマーで2秒以上で設定しておけば押したタイミングのブレを防ぐことができます。

夜景撮影に必要なもの③ カメラレンズ

一眼レフカメラやミラーレスカメラを持っていれば、交換用のレンズを持っている方も多いかもしれませんが、レンズの中でも単焦点レンズがおすすめです。

特にF値が小さい単焦点レンズは、たくさんの光をカメラに取り込んでくれるので、暗い夜景撮影との相性も良いのです。

ただカメラをはじめたばかりの方だと、レンズ越しの被写体との距離感を上手く掴めていない人も多いかと思います。そうなるとカメラと被写体がどのくらいの距離であれば、画角に入るというようなことが把握できていないことがあるので、焦点距離が固定された単焦点レンズは難しいかもしれません。

であれば、まずはズームレンズで被写体とカメラとの焦点距離をある程度調節できた方が、思い通りの写真が撮れるかと思います。

レンズについてもっと詳しいことを知りたい方は下記の記事も参考にしてみてください。

一眼レフカメラのレンズの使い分けは?【初心者向け】

まとめ

夜景撮影は難しいというイメージは払拭できたでしょうか。実際に用意するものもそんなに多くないので、初心者でも参入障壁は高くないと思います。

夜景撮影ができるようになると、撮影技術としても少し上がり、自分の写真にも自信を持てるようになりますよ。

以上までの夜景撮影の基本的な設定方法は、下記を参考にしてみてください。もちろん、場所や明るさによって調整は必要ですよ。

基準を以下のような設定で、都度都度変えてみてください。

  • マニュアルモード
  • F値はF8やF11など
  • ISOは100か200
  • セルフタイマー2秒以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です